Loading…

葬儀の流れ

葬儀の基本的な流れ

       

      事前準備

      • 1.危篤
      • 2.ご逝去(ご臨終)
      • 3.葬儀社手配
      • 4.ご遺体搬送・安置
      • 5.葬儀のお打合わせ
      • 6.葬儀準備
      故人を悔いなく送るためには、葬儀の事前準備はとても大切です。慌ただしい中の準備となりますが、やるべきことをしっかりおさえ、わからないことは何でも葬儀社にお尋ねください。
      1. 危篤

      危篤連絡を受けても、慌てずに冷静になりましょう。まずは危篤者の身近な方々への連絡や、休みが必要な場合は職場への連絡が欠かせません。故人と親しい方や会って欲しい方への連絡は事前に「連絡リスト」を作っておくのもおすすめです。

      2. ご逝去(ご臨終)

      ご逝去(ご臨終)後は末期の水を取る、エンゼルケア、死亡診断書・死亡届の受け取り、臨終を知らせるべき関係者への連絡、病院への支払いといった対応が必要です。

      3. 葬儀社手配

      故人のご遺体は病室から病院内の霊安室へと移されますが、霊安室には基本的に数時間ほどしか滞在できません。このタイミングで葬儀社(搬送先)の手配を行うよう病院からの指示がある事が多いです。

      4. ご遺体搬送・安置

      病院で亡くなられた場合、ご逝去後はすぐに搬送を求められますので、早急に搬送先を決め、搬送業者の手配をする必要があります。一般的には手配した葬儀社が、ご自宅や葬儀会館に寝台車で搬送します。

      5. 葬儀のお打ち合わせ

      葬儀の打合わせを進めるにあたり、喪主の決定は欠かせません。

      葬儀社が決まり、ご遺体が安置されましたら、葬儀社の担当者と葬儀の打ち合わせに入ります。その後葬儀形態を決めます。次に宗教の確認、場所と日程、葬儀プランなど、故人の遺言や遺族の意向をふまえて決めていきます。

      6. 葬儀準備

      葬儀前にやるべき準備として、打ち合わせと並行して死亡届の提出、遺影写真の準備、弔辞の依頼などがあります。

       

      葬儀までの運び

      • 7.納棺・湯かんの儀
      • 8.通夜
      • 9.葬儀・告別式
      • 10.火葬
      7. 納棺・湯かんの儀

      葬儀の前には、最後のお別れをするために、故人の身なりを整え、棺に納めてから送り出す「湯かんの儀」と納棺を行います。具体的にはお身体を清拭し、お化粧やお着替えを施しお棺にお納めします。

      納棺の際には、副葬品も一緒に棺の中に入れていきます。副葬品として入れられないものもありますので、こちらは事前に葬儀担当者に確認しておきましょう。

      8. 通夜

      葬儀の1日目に行われる通夜は、多くの方が参列する儀式です。親族だけでなく縁のあった方々が集まり、故人を弔います。

      参列しやすい時間帯であることから、葬儀・告別式よりも参列者が多くなることもあります。

      通夜振る舞い
      通夜の後に設けられる食事会のことです。通夜振る舞いは単なる食事会ではなく、「喪家が弔問客に対して感謝の意を表す」「故人を偲ぶ」っという2つの意味があります。

      宗教者、弔問者への感謝の気持ちを表すとともに、故人と一緒にとる最後の食事を行います。

      9. 葬儀・告別式

      故人との最後のお別れをするのが葬儀・告別式です。

      仏式の場合、読経の中で宗教者が引導を渡すことで故人は現世に別れを告げ、迷いなく仏様のもとへ導かれます(宗旨・宗派により異なります)。参列者は焼香と合掌を行い、故人との最後の別れをします。

      これらも、宗派により、お別れの仕方、考え方、作法は変わります。
      10. 火葬

      故人と最後のお別れをして出棺したあとは、火葬場へと移動します。そして炉の前で「納めの儀」を行い、棺を火葬炉に納めます。火葬後は、遺骨を骨壷に入れる「拾骨」を行います。

       

      葬儀後

      • 11.初七日法要
      • 12.精進落し
      • 13.散会・ご帰宅
      葬儀後は初七日法要・精進落しを行い散会となります。初七日法要を当日に行うことが増えてきていますが、地域によって異なります。初七日法要をいつ行うかで葬儀後の対応も変わってきますので、事前に葬儀社へ確認しておきましょう。
      11.初七日法要

      初七日法要とは、故人の命日から数えて7日目に行う法要ですが、近年では葬儀と同じ日に初七日法要を行うことが増えています。この法要では故人が極楽に行けるよう、読経し成仏を願います。

      12.精進落し

      初七日法要を終えた後、それまでの葬儀や法要が無事に終わったことの報告や、それに対する感謝、ねぎらいの気持ちをもってひらく食事の席を設けます。

      13.散会・ご帰宅

      喪主は最後に散会の挨拶を行い、宗教者や参列者に感謝の気持ちを伝え、葬儀は散会となります。

      Top